ブサ猫ぶっちのブログ


by 55bucchi

Twitterはじめました

Twitterはじめました。

と言ってもBOTです。

ぶっちだったら、こう言うだろうと、言葉を並べてみました。
色々書いたので、ひとつでも心にひっかけておいてくれると嬉しいです。

ぶっちにはいろいろ相談に乗ってもらっていました。

誰かがぶっちの言葉を見てくれて、ちょっと前向きになれるといいな。

ね、ぶっち。


https://twitter.com/uglyBucchi
[PR]
# by 55bucchi | 2013-12-19 14:29 | ごあいさつ

夢おち

ぶっちの夢を見た。

多分、枕元に誰か他の猫が寝ていたので、そのせいだろう。

うちにぶっちを連れてきた人がこう云ったのだ。


「かわいそうな猫が居る。親子で飼ってくれないか?」

私は言う。

「親子は無理だ。うちには既に猫が居る。親か子かどちらかでないと・・・」

そして、その人が猫をうちに連れてくる。
「早いほうがいいと思って」

旅行から帰ってきたその夜に猫を連れてきたのだ。

連れてきたのは・・・・・子猫だった。

ああ。ぶっちじゃなかった。私は夢の中でそう思った。

でも、子猫は・・・ぶっちの模様をしていた。顔もぶっちそのもの。

子猫のぶっちがうちにやってきた。
ああ、子猫のときのぶっちはこんな子だったか。

これから、育てれば、素直な子になるだろうか?と夢の中で思った。
充分いい子じゃないか。

そう、思い返して。

夢はそこで覚めた。

誰だか知らないけど、私の枕元に背を向けて寝ていた。

起きたら、ぶっちじゃなかった。
ああ、夢かと。

夢おちだったか。夢じゃなくてもいいよ。
[PR]
# by 55bucchi | 2013-09-16 19:48 | 再会

6年めの記念日を前に


そんな所で何やってんだよお前。しかもそのドジっぷり (泣)  →元記事
b0180098_10391792.png

[PR]
# by 55bucchi | 2013-06-19 10:42 | 再会

ありがとう。

ぶっちは2007年7月7日の夜からうちの子になりました。
その時推定1歳以上。
それから5年と3ヶ月位。
6歳以上だったと思います。

今日未明、猫が騒ぐので起きてみたら、旅立ってしまっていました。
昨夜8時にご飯を食べて、良い子で食べてくれて、身体をさすったときに足が冷たくて温めてあげました。
そのときに、1度、「カァッッ」と乾いた声で鳴いたのでそっと寝床に戻してあげました。
「今夜は冷えるから」と猫アンカを少し強く設定して。

・・・寒くなかった?
のどは渇かなかった?
痛くなかった?


・・・・・・幸せだった?

良い子だったね。ありがとう。

いつかまた会おうね
[PR]
# by 55bucchi | 2012-10-24 10:22 | ごあいさつ

病と闘わない

ぶっちよ。

このところ、ずいぶんかったるいんだけどね。
外の風にあたってみたわ。
すっかり秋ね。

b0180098_22464094.jpg




うちの人がさ、今更心理学を専攻してるの。
何がわかるのか知らないけど、おクチとおシリの匂いですぐわかるあたし達猫とは大違いね。

うちの人が人格心理学の授業の中でエリザベス・キューブラー=ロスとかいう学者の言う「死の受容5段階モデル」とかいうのをやったらしいのよ。

1。否認
2。孤立
3。怒り
4。取り引き
5。抑鬱と受容

で、盛んにあたしに聞くのだけど、無意味よね。

あたしに1も5もないわ。
あたしが白血病キャリアであることは運命だし、それに怒りも悲しみもないのよ。ただただ、受容しかないわ。
だからさ、できるだけ快適にしてくれればそれでいいの。

ね、わかる?神様なんかと取引もしない。
あのね、生まれたら必ず旅立つの。今まで何匹のニャンコと付き合ってきたのさ?

四の五の言わないで、御世話しなさいよ。
病と闘う?あたしはごめんよ。
ほっといて。
[PR]
# by 55bucchi | 2012-10-16 15:25 | 日記